PDFファイルの作り方

PDFファイルは無料レポートを作成したり、情報商材を作成する際によく使われているファイル形式で Adobe 社が開発したものです。

PDF形式のファイルを読む際は、Adobe Readerをダウンロードしておく必要があります。

このAdobe ReaderでPDFファイルを読むことはできますが、書くことはできないので、PDFファイルを作るには Acrobat シリーズを購入するのが一般的です。

Adobe のAcrobat ファミリーには、Standard や PRO、Extended などのグレードがありますが、機能的な面で PRO 以上がおすすめです。

Adobe Store - Japan

以前のバージョンを持っている際にはアップグレード版を、初めて購入する際は製品版を選択します。教育関係者や学生の方はアカデミック版が安いです。

仕事でPDFファイルを作成する場合や大量のファイルを管理する際は、この Adobe 社の Acrobat シリーズの PRO 以上を購入しておくと間違いないです。


一方、PDF は Adobe 社が開発したものの、今や国際規格となっていますので、作成ソフトウェアが Adobe 以外にもたくさんあります。

Acrobat の Standard 版を購入しようと考えている際は、無料ツールでも対応できるケースが多いです。

例えば、こちらのPDFファイルは OpenOffice.org という無料ツールをパソコン上にダウンロードして作成しています。

http://blog-tips.net/image/open.pdf

作り方の手順は上のPDFを参照してください。

文章を作成して「ファイル – PDF としてエクスポート」するだけですので簡単です。ちょっとしたPDFファイルの作成には、機能的に必要・十分ではないかと思います。

ソフトウェア的には、他のファイル形式をPDFに変換するものが多いですが、そのまま作成するには OpenOffice.org が便利かと思います。