独自ドメインとCMSでブログを作成する方法

ブログを作成するには、以下の3つの要素が必要不可欠です。

  • ドメイン(ブログのURL)
  • サーバー(ファイルの保管スペース)
  • 管理画面(記事投稿などの管理画面)

無料ブログは「無料レンタルブログ」ともいわれますが、これらをすべて運営会社側から借りて作成することになります。
けれども、規約違反などがあると運営会社側の判断でブログが削除されることもあるため、コンテンツも含め自分で所有しているものは何もありません。

つまり、所有権のないブログを更新することになるわけです。

無料ブログでは自分には所有権がないので、削除されるリスクや広告表示、あるいはサイト譲渡などの面で制限が多いです。

一方、自分で独自ドメインを取得してレンタルサーバーを契約し、そこにCMSとよばれる管理ツールをインストールして作成すれば、削除される心配もなく、安心してブログを運営することができます。

このCMSと呼ばれる管理ツールには多数あり、ネットショップ用や掲示板用の更新ツール、あるいはSNS向けなどその種類も数も豊富です。ブログの構築に最適なCMSとしては"Movable Type"や"Wordpress"が有名です。

Movable Type の管理画面

WordPress の管理画面

これらのCMSツール自体は、個人の場合は無料で利用することができます。
けれども、ドメインの取得やサーバー契約は自分ですることになるため、それらで年間3,000円〜5,000円程度の費用がかかります。



独自ドメインでのCMSブログのメリットとデメリット

〜メリット〜

  • ブログが自分の所有になる
  • 譲渡・売却が可能
  • SEO対策に有利
  • 広告の表示が一切ない
  • 削除される心配がない
  • サイトの引越しが楽
  • 詳細なカスタマイズが可能
  • 独自ドメインのメールアドレスを利用できる

〜デメリット〜

  • 無料ブログのようなポータル機能がない
  • サーバーへの設置が初心者には難しい
  • デフォルトでのテンプレートがいまいち
  • 高機能なのでカスタマイズが難しい
  • 維持費がかかる

テンプレートのカスタマイズやサーバーへの設置は難しいため、はじめて作成する場合は無料ブログを利用した方が簡単です。けれども、商用での利用や本格的に作る場合は、費用をかけてCMSを利用するとよいでしょう。

〜 CMSブログの作成手順〜

  1. 自分の独自ドメインを取得する。(年間1,000円程度)
    独自ドメインの取得方法

  2. CMSを利用できるサーバーを契約する。(年間3,000円〜5,000円程度)
    CMS可能な格安レンタルサーバーの比較情報

  3. 取得したドメインを契約したサーバーに設定する。

  4. 各サーバーの自動インストール機能でCMSを設置する。(無料)

  5. テンプレートをカスタマイズする。

  6. ブログを更新

CMSをサーバーにインストールするまでは、初心者の方でも時間をかければ何とかなるはずです。
けれども、そのあとのテンプレートのカスタマイズ方法が難しい傾向にありますので、簡単に作る場合は無料ブログを利用する方がよいでしょう。

一方、独自ドメインだけを取得して、レンタルサーバーを契約せず、無料ブログに設定する方法もありますが、この場合はwwwのあり・なしの設定やSEO対策上不利になるケースも多いのです。

できるだけ自分でサーバー契約してCMSを利用することをおすすめします。

戻る - ブログの作り方の簡単手順



関連記事