1文字.comが8億円で取引されたらしい。

去年の11月末、z.comが8億円で取引されたようなのですが、GMOグループが海外サービスを展開するためのドメインとして使用するみたいです。

ウェブアーカイブを見てみますと、z.comは2000年あたりに日産フェアレディZのサイトとして使っていたみたいなので、おそらくは日産からGMOへと売却されたものと思われます。

このz.comは、2014年に高額で取引されたドメインのランキングで1位のようです。ちなみに、2位がmi.comで360万ドル(約4億円)、whisky.comが310万ドル(約3億4千万円)と続いているようです。

累計でも第5位~8位ぐらいにランクインしているようですね。
DN Journal
Domaining

実際にアクセスしてみますと、この1文字ドメインはwww付きではなく、wwwなしの「z.com」で使っているようです。wwwを付けるには短すぎるのかもしれません。今後は、海外GMOグループのfx関連とか、ホスティング関連などで使用されるもようです。

普通なら千円で取得できる.comドメインに8億円も出すのはもったいない気もしますが、私も10万円ぐらいなら3文字ぐらいのコムドメインを買ってみたいなと思うときもあります。

ちなみに、jpなどを含めるとわかりませんが、comやorgなどの主要なドメインでは、この1文字タイプのものは世界に以下の6つしかないようです。
「q.com」、「x.com」、「z.com」、「i.net」、「q.net」、「x.org」

現在、1文字ドメインは使えないというルールがあるようなのですが、それ以前に登録されていたドメインだけがかろうじて残っているみたいです。

このようなドメインは既に取得されつくされた感があるので、これからお宝を狙おうとしても無理かと思われますが、最近はツイッターの1文字アカウントなんかでも高額なオファーがあるとかって話です。

ドメインに限らず、株や不動産などもそうですが、何ごとも人気のない時にこっそり取得しておかないとだめなのかもしれませんね。