ティップス


アフィリエイトブログはデスマス調が基本

当ブログは「デス・マス調」で書くようにしていますが、ネット上には「デアル調」で書かれているブログも多いです。両者を比較するとそれぞれに一長一短があるわけですが、どちらかというと"デス・マス調"で書かれているブログに私は好感を感じることが多いです。

当ブログを大幅に作りかえる予定です

来年あたりに当ブログを大幅に修正して作りかえる予定なのですが、作り方に関するQアンドA的なサイトにしてみようと考えております。

同一のHTMLとCSSで表示が違う

同じHTMLとCSSファイルを使っているのにブログの表示がずれる場合、空白スペースの有無を確認してみると修正されることがあります。

先日、当ブログ内でもページによって微妙にサイドバーの位置がずれているのを発見したのですが、同じCSSを参照しているページなので、この原因がいまいちよくつかめなかったんです。

過去ログの質を上げる作り方

数年間、ブログをこつこつと更新してきて、ある程度の記事数になった場合は、新規のページを増やしていくよりも、過去ログのコンテンツの質を上げるようなブログの作り方にシフトすることをおすすめします。

サブキーワードで最適化するとメインが落ちる

しばらくブログの更新をさぼってたんですけど、特にアクセス数の変化はないようです。
いたずらにこれ以上のページ数を増やしても、当ブログではさらなるアクセスアップは見込めそうもない気がしております。

降順・昇順でのブログの作り方の違い

通常のブログは投稿した順に降順で表示されますが、この場合だと最新の記事がトップページの一番目立つ位置に表示されることになります。
逆に、昇順の設定でブログを更新した場合、一番古い順から記事が投稿されていくことになるわけです。

被リンクとして有効なブログの条件

SEO対策上の重要なポイントとして被リンクが上げられますが、被リンク元を生きた状態として有効に機能させるには、ウェブサイトの形態をブログとして作成し、更新頻度をあげるというのが一番効果的な気がしています。

CSSをはずすと重要なポイントがわかる

スタイルシートを使用するとブログの見た目の部分が粉飾されてしまいます。
一度はHTMLからCSSをはずしてみて、素材本来のありのままの姿で内部的なSEO対策をすることをおすすめします。

ドメイン売買の方法

ドメイン売買の方法のひとつとして、オークションサイトを利用するという方法があります。
海外サイトや国内サイトなどいろいろありますが、比較的有名なのはバリュードメインとかヤフーオークション、sedoやgodaddyなどになるかと思います。

ブログは外側で作るのがセオリー

独自ドメインを取得してサイトを作成する場合、ブログはサブディレクトリやサブドメインなどの外側の位置に配置するのが一般的ですが、更新頻度が少なければ、ルートディレクトリに設置した作り方をした方がいいような気もします。