Windows 10にはクラシックデスクトップがない

先日、Windows 10へアップグレードして2時間ぐらい使ってみました。

ファイルをダウンロードしたのち、何度か再起動したりしましたが、30分ぐらいでアップグレードすることができました。

使ってみた感想は特に重いということはなかったのですが、クラシックデスクトップが利用できなかったです。セブンではクラシックタイプのデスクトップに設定しているのですが、主に仕事で使用しているため、長時間の作業になることが多く、できるだけシンプルな無地の方が使いやすいです。

工場の床や作業所、あるいはお医者さんの手術着なども緑色のケースが多いですが、目に優しく集中力の出る緑や青色系が一番効率がよくなると思います。暖色系を使ってみたこともありますが、青か緑のどちらかが一番効率がよく、芸術的なピクチャーとか、職場の作業する場所にそんなのはじゃまになるだけです。

マイクロソフトの場合、bingなども背景に画像が設定されていますが、きれい目の画像の背景はどうにも気が散ってしまいます。他にも、スタートアップの箇所に動きのあるアプリがあったりして何だか落ち着きませんでした。

結局、Windows 10ではクラシックデスクトップが使用できず、また無地の背景も色が微妙にしっくりこなかったのでセブンに戻してしまいました。今使っているのは「#3A6EA5」の無地の青なのですが、windows 10でカラコードを指定して設定しようとしても、やり方がちょっとわかりませんでした。

もし、無理やりwindows10をクラシックデスクトップに設定するなら、無地の背景を選択した上で、「システム」の箇所から影や透過などの設定をはずすとよいかもしれません。

仕事でwindows 10を使うには、ちょっとうるさいOSのような気がしますので、もう少し様子見することをおすすめします。