リスティング広告とは何ですか?

リスティング広告というのは、広告を配信してアクセスを集める“集客方法”のことを指しています。
主に、商品を販売する企業サイトで利用されていますが、個人でもドロップシッピングやアフィリエイトで利用している人が多いです。

リスティング広告を使うと少額の費用で効率よく、初心者でも簡単にサイトへ集客することができます。

初心者簡単なリスティング広告のはじめ方

「リスティング広告への出稿」というのは、検索キーワードをお金を出して入札して購入するという意味です。
購入するキーワードには単価の高いものと低いものとがあり、人気のキーワードほど出稿する際の単価が高くなります。(1クリック数円〜数千円)

広告が配信される場所はグーグルやヤフーなどの検索結果欄になりますが、「購入した検索キーワード」に連動して広告が表示されるので、広告効果が高いものとなっています。

例えば、ヤフー検索の場合、リスティング広告が表示される位置は赤く囲った部分になりますので、通常の検索結果よりも上位に表示されます。

グーグル検索の場合は“アドワーズ”、ヤフー検索の場合は“Yahoo!プロモーション広告”に登録すると、管理画面からキーワードへ入札することができます。

  • Yahoo!プロモーション広告
    ヤフーの検索結果などにスポンサード広告を配信。そのほか、ディスプレイアドネットワークなど。(旧Yahoo! JAPAN リスティング広告からの改名)

  • アドワーズ
    グーグル検索結果やアドセンスを掲載しているブログやニュースサイトなどに広告を配信。企業サイトや個人事業主の方におすすめ。

  • レモーラリスティング
    クロスリスティング提供による検索連動広告。
    gooやExcite、BIGLOBE、@niftyなど大手ポータルサイトでの配信。


例えば、あなたが札幌で中古車屋さんを経営している場合、「中古車 購入 札幌」などのキーワードで検索された時にだけ、広告を表示するように設定することができます。

この場合、「札幌で中古車の購入に興味・関心のある人」以外は、このキーワードで検索することはまずありません。

キーワードをうまく指定することにより、“購買意欲の高い人だけ”を効率よく集客することができるので、広告効果は高いものとなります。

もともと成果の高い検索キーワードで自サイトが上位に表示されていれば、わざわざお金を払って広告を配信しなくても、無料で検索エンジン経由のアクセスを集めることはできます。

けれども、SEO対策で上位表示するにはかなりの手間と時間がかかりますし、たいていは1つか2つのキーワードで最適化するのがやっとです。

そんな時、お金を出して検索エンジンからのアクセスを購入すれば、若干の費用がかかるとはいえ、サイトを作成後、すぐにでも1ページ目に上位表示することができるのです。

当サイトではありませんが、わたしがはじめた時、アドワーズが「初期費用が500円+広告費」、オーバーチュアは「初期費用3000円+広告費」でした。
(※オーバーチュア…現在はYahoo!プロモーション広告へ変更。)

広告効果としてはオーバーチュアの方が成果が高い気がしますが、これはあまり調べずに購入するようなネットをはじめたばかりの人は、主にヤフー検索を使用しているからだろうと思います。
そのような意味で、どちらかというとヤフーのオーバーチュアがおすすめです。

費用としては通常のアフィリエイト広告や月極め広告とは違い、リスティング広告の場合はクリックされた分しか課金されません。

  • アフィリエイト広告 - 成果単位での支払い
  • 月極め広告     - 期間単位での課金
  • リスティング広告  - 1クリック単位での課金

1クリックあたりの単価は入札制となっていますので、広告主が競合すればするほど高額化していきますが、競合するサイトがいない場合は1クリック10円程度で広告を配信することができます。


出稿単価を低く設定している場合は、それほどたくさんのアクセスはやってきませんし、一日の上限費用も設定できるので自分のペースで広告費用を安く調節することができます。

一日の上限費用の設定

企業が商品を販売する場合は普通にキーワード入札しても問題ないですが、アフィリエイトの集客方法として利用する場合、社名や商品名で入札することが禁止されているケースが非常に多いです。

一部一致などで出稿した場合、意図せずに社名などで広告が表示される場合もあるので、指定したキーワードが完全に一致した場合にのみ広告が表示されるように設定することをオススメします。

せっかく費用をかけて成果が発生したとしても、規約違反で無効になってしまう場合もあるので、リスティングがOKなのかNGなのかは事前に確認しておくようにしましょう。

広告を配信する際は、商取引上の運営者情報などを記載する必要がありますが、アフィリエイト提携であることや、「氏名や住所、連絡先」を掲載しておきましょう。

プライバシーが気になる場合はキャプチャー画像などで運営者情報のページを作成したり、robots.txt などで当該ページへのクロールを拒否したりして、個人情報が検索ではヒットしなくなるようにすることをオススメします。

検索結果に表示される広告とコンテンツマッチでは効果が違う

リスティング広告に申し込みをすると、「検索結果欄」と「関連するネットワーク」上の両方で広告が配信されるようになりますが、両者の広告効果には違いがあります。

例えば、アドワーズを利用した場合、アドセンスを利用しているブログやホームページ、ニュースサイトにも広告が表示されますが、それらはコンテンツ内容に連動して広告が表示されるものです。

この場合、検索キーワードによる自発的な検索行為がないので広告効果が低めになる傾向があります。

  • 検索連動広告 - 単価が高い・効果が高い・集客数は検索回数が目安
  • コンテンツマッチ広告 - 単価が安い・効果は低め・集客数に限りなし

例えば、検索窓で「中古車 購入 札幌」などのキーワードで検索する場合、これは自発的な行為となりますので、その人は実際に札幌で中古車を探している人の可能性が高いです。

けれども、「中古車かっちゃいました〜」のような個人ブログに表示されているコンテンツマッチ広告の場合は何となくクリックするという人も多いですので、関心の強さという点で違いがあります。

コンテンツマッチ広告は月間の検索回数を超えてたくさんのアクセスを集めたい場合には有効ですが、費用対効果を求める場合は検索連動タイプにだけ表示されるように設定するのがよいでしょう。

リスティング効果のあるブログとホームページの作り方

リスティング広告でアフィリエイトをする場合は、SEO対策よりも成約に重点をおいた作り方をした方が効率よいと思われます。

通常はアフィリエイトバナーをトップページのスクロールしない場所(htmlソースの上部)に貼り付けると、SEO対策上はまずいものとなりますが、リスティング広告を使用する場合は、目立つ位置にあからさまに貼り付けるのが効果的です。

たいていの商用サイトでは、必ずといっていいほどスクロールしない位置に申し込みボタンが設置されていたりします。

申し込みボタンの位置

また商品の購入や申し込みともなると、ある程度のデザイン的な信用がないとすぐに閉じられてしまいます。
ブログやホームページの作り方としては、無料サービスよりもレンタルサーバーを借りて独自ドメインを取得して作成されることをおすすめします。

■次のページ →
ディレクトリ登録のSEO効果とその費用

リスティング広告の場合は継続的に費用がかかりますが、ディレクトリ登録のSEO効果で上位に表示されると一度の費用で済むことになります。

関連記事
  • ブログの集客方法
    費用対効果の高いブログへの集客方法にもいろいろありますが、低コストなお客様集めの方法にはどのようなものがあるのでしょうか。アフィリエイト広告や検索連動型のクリック単価広告のほかにも、カテゴリーわけされ...
  • コンテンツマッチ広告の利点
    PPC広告でのブログアフィリエイトで、コンテンツマッチ広告とか検索連動型広告とかっていうのをよく聞きますが、両者を比較すると、検索連動型の方が関心の強いアクセス集めになるようなんで、コンテンツマッチの...
  • アドワーズ広告が狙われる
    グーグルといえばアドワーズ広告が有名ですが、これは広告を出稿するためのツールのようです。 初期費用を数百円支払えばあとは広告費のみで広告を出すことができるようです。 けれども、今、このアドワーズ広...