レンタルサーバーの費用比較

レンタルサーバーをいくつか利用しているのですが、一番費用のかかるのは、やはりIP分散型のレンタルサーバーです。この費用をどうにか節約したいと考え中です。

現在、利用しているレンタルサーバーでは、だいたい20社程度を利用しているのですが、大手のレンタルサーバーについてはそれほどたいした費用はかかっていません。
さくらとかペパポとか、あるいはデジロックとか、だいたい多くても各社年間1万~2万円程度で済んでいます。

ちなみに、当ブログはエックスサーバーなのですが、ベットという会社のものらしいんですけど、こちらの場合はシックスコアも利用しているので、だいたい年間3万5千円程度かかっています。こちらは多少は高めではありますが、比較的、満足度は高い方です。

ただ、一番のコストがかかるのは、IP分散タイプのサーバーになっておりまして、こちらは現在のところ何社か利用しているのですが、多いものでは年間5万円程度の出費になってしまうのです。30IPずつ数社利用するだけで、15万円とかかかってしまうので、このあたりの出費がでかいです。

そのわりには重たいサーバーばかりなわけですけれども、これを大手の方でもやってくれないかなという気がしております。単純に考えれば、さくらのライトプランが年間1000円ぐらいなわけですので、15万円もあれば、150アカウント分の契約にはなると思うのですが、やはりそういうあやしいSEO目的でサイト運営は敬遠される向きにあるようで、大手ではそういうのはやってないみたいです。

逆にいえば、大手では手を出さないニッチな分野ということになるので、中小サービスの場合はIP分散サーバーの分野でチャンスがあるものと思います。おそらく、サーバー運営会社にとっては効率的な収益源になるのではないかと思うのですが、もっと増やしていただきたいものです。