SEO対策


アンカータイトルという考え方

SEO対策を考える場合、アンカーテキストを最適化している人は多いですが、被リンク元のタイトルタグというのも関連性という意味においては重要な要素です。

ページランク5のドメインの相場

ページランクが3や4の場合、ドロップキャッチでも取得することが可能ですが、5~7ともなると、数万~数十万円程度の出費を覚悟しないと取得するのは難しい気がします。

発リンク先のipアドレスが重複してしまう

先日、ページランク4のドメインをゲットしたんで、さっそく某ブログにSEO対策してみたのですが、リンク先がひとつのサイトだけではどうももったいないという気もするのです。

301リダイレクト元は調べられないから

そのブログがどのくらいの被リンク数を受けているかについては、yahoo.com で linkdomain:コマンドをかけるとある程度の情報が出てくるものです。

けれども、そのブログがどのくらいのドメイン数から301リダイレクトされているかについては調べようがありません。
検索エンジンのみぞ知る情報です。

ひとつのブログばかりを更新するのは効率が悪い

ひとつのブログで何百ページものエントリーを投稿しているケースもありますが、SEO対策上、これは非常にもったいないという気がしております。
なるべくなら、焦点を定めた形でコンテンツを細分化し、それぞれのテーマにそってディレクトリ分けやドメインの分散を図った方が効率は良くなるはずです。

内部リンクの多いページはPRが上がりやすい

内部リンク数が多いページというのは、比較的ページランクが上がりやすい印象がある反面、テキストオンリーというのはいまいちという印象があります。

オールドドメインなるものの考察

困難なSEO対策をお手軽に済ませる方法として、オールドドメインを取得するという方法がありますが、どこまで有効なのかという点については、はなはだ疑問が残る点も多いです。

モバイルページからの被リンクによるSEO効果について

当ブログでも、モバイルページを作成してみたんですが、携帯ページからの被リンク的なSEO効果ってどうなんでしょうね...。

個人的には、モバイルページがないよりも、あった方が被リンク的な面でプラスに働くと思うんですが、コンテンツ的には同一のものなんで、どうなんでしょうか。

ページランクなしとゼロはけっこう違う

グーグルのページランクっていうシステムがありますが、なしとゼロではけっこう違います。サイト作成後、ゼロがすぐに付くようでしたら、わりと、2,3までいくのは簡単ですが、なしの場合、何らかの最適化をする必要があるものと思われます。

ウェブ履歴でのSEO対策は効果ある?

グーグルではウェブ履歴という機能がありますが、それも検索順位を決定するようなアルゴリズムの要因になっているのではないかというふいんきがあります。

やはり、検索しだしてから一番最後にアクセスしたページが、検索者にとってもっとも意図したページである確率がかなり高いものかと思います。