過去ログの質を上げる作り方

数年間、ブログをこつこつと更新してきて、ある程度の記事数になった場合は、新規のページを増やしていくよりも、過去ログのコンテンツの質を上げるようなブログの作り方にシフトすることをおすすめします。

といいますのも、新規に作成するページよりも過去に作成したページの方が年齢が古いわけですので、比較的SEO効果が高くなるケースが多いからです。
また、毎日のようにブログを更新していると、自然と過去に作成した記事と重複しているページもあるかもしれません。
同じような内容のコンテンツを新規のページで作成するぐらいでしたら、過去に書いた記事に付け加える形で作成し、コンテンツの質を上げたはるかにSEO効果が高いものと考えております。

その際、付け加える新しい内容については、見出しタグを増やしたりして作ることをおすすめします。例えば、今までh1,h2で書いていた記事があったとしたら、そこにh3なんかを加えて、新しい内容を付け加えたりするとよいかもしれません。

ただ、この際に気をつけたいことは、投稿日時をずらすとリンク切れになってしまうことがあります。過去に作成したページについては、コンテンツ内容を変えてもページのURLを変えてはいけません。
付いている被リンクやページ年齢などがすべて消失してしまうからです。
たいていのブログサービスでは変化することはないと思いますが、MTなどの場合は日付をずらすと変わってしまうことが多いです。

また、知らないうちにリンク切れになっている外部リンクも多いですし、youtubeなどを貼り付けていた動画も、著作権関連で削除されているケースも多いです。

さらに、数年間もブログを更新していたら、たいていは文章の作成能力も多少は上昇しているはずです。より、訪問者さまフレンドリーな文章に書き直すことをおすすめします。