被リンクとして有効なブログの条件

SEO対策上の重要なポイントとして被リンクが上げられますが、被リンク元を生きた状態として有効に機能させるには、ウェブサイトの形態をブログとして作成し、更新頻度をあげるというのが一番効果的な気がしています。

実は当サイトもそんなに更新したいっていうほどのブログではないんですが、ドメインのトップディレクトリの検索順位を落とさないために、しぶしぶながら定期的に更新しているわけです。
てこの原理を応用し、ちっちゃな労力で最大限のSEO効果が発揮されるようなブログの作り方を模索しているのですが、今のところはかなり有効に機能しております。

そんなわけなので、アクセス数的な割合でいうと、ターゲットとするドメインのわずか1%程度の訪問者さましかいなかったりもするのですが、内容的にはそれなりの情報を公開しているつもりです。
逆にいうと、当ブログが被リンク元としての有効な条件をクリアーしている限りは、ターゲットとするサイトのアクセス数は今後も落ちないと踏んでいるわけなのです。

その条件には、テーマの関連性やオリジナリティーなど多岐にわたりますが、最大の要素は更新頻度ということになるかと思います。
よく被リンクサービスがSEO対策として宣伝されていたりもしていますが、そういうサービスは被リンク元の更新頻度がきわめて低いという点に最大の弱点があるように感じています。

その弱点を克服するには、被リンク元をブログ形式での作り方でウェブサイトを作成し、更新頻度をあげるという方法が有効性が高いかもしれません。

逆にいえば、更新頻度もなくページボリュームもない、あるいはテーマの関連性や被リンクもドメイン年齢もないようなバックリンクは、被リンクとしての有効性はほとんどないかもしれませんね。