BINGのSEO対策とヤフーのSEO対策違い

マイクロソフトとヤフーが提携するとか、独禁法にさわってグーグルが反対するとかの噂ですが、このまま提携が進むとなると、ヤフー検索エンジンにBingのアルゴリズムが取り入れられそうな感じです。

ヤフーの検索エンジンにBing検索のアルゴリズムが入るとなると、やはり、今までの検索結果とは異なってくるとは思いますが、いったいどこまで違ってくるのかという疑問もあったりします。

MSNのSEO対策は、ほぼシカト状態だった方も多いようで、ライブサーチの検索順位はあまりかえりみられることがなかった気もします。そもそも、Bingの検索アルゴリズムがライブサーチのそれを継承しているのかどうかっていう点についてても疑問が残りますが、今のうちからBingのSEO対策にはある程度精通しておいた方がいいかと思います。

時期的には、たぶん、来年の後半あたりにはヤフーの検索結果にもある程度は反映されるんじゃないかってかってに思ってます。検索エンジンのアルゴリズムはすばやいですからね、けっこう。

そうなってくると気になるのは、今までのヤフーSEO対策とどのくらい違いがあるのか?っていうことになるかと思いますが、ヤフーカテゴリとか、オーソリティーサイトの権威の立場はどんな感じになるのだろうという気もします。

ディレクトリ型とロボット型でいえば、ヤフーの場合はヤフーカテゴリーのような登録型のサーチエンジンという側面がつよいと思いますが、マイクロソフトの側はロボット型オンリー?だったような気がしないではないです。

未だに、マイクロソフトがヤフーの買収をあきらめていないとしたら、やっぱ、ヤフーのビジネスエクスプレス的なのは検索アルゴリズム的に弱めるような気もしますが、今のうちから、Bingの検索エンジンに最適化するようなブログの作り方をしていくべきだなっていう気もします。