アフィリエイト収入で確定申告のススメ

確定申告の時期がやって参りましたが、ブログ広告での収入がある場合、きちんと申告しておくことをおすすめします。アフィリエイトにおける最大の難関は、この税金対策といっても過言ではありません。

といいますのも、アフィリで稼げば稼ぐほど納税額が多くなっていくわけですが、日本でのマックスの税率は50%ですので、月200万程度の報酬でもあれば、報酬額の実に4割~5割近くが税金で消えてしまうことになります。

労働時間でいいますと、1月~5月分までは税金のためにひたすら働き、6月に入ってからやっと自分の収入のために働く、そんな無慈悲なしうちを受けることになるわけです。

報酬額が半分になってしまうわけですので、この時点で心が折れてしまい、急激にモチベーションが低下していくことにもなりかねません。「これ以上稼いでもどうせ税金でとられるのなら、現状維持でもいいかな、少しさぼろうかな。」ということになってしまい、サイトの更新が停止、ひいてはアフィリエイト報酬の激減という結果につながります。

株で稼いだ場合は、せいぜい1割、2割程度の税金で済みますが、アフィリエイトで稼ぐ場合は所得の半分近くが税金で消える可能性があるので、この点についての十分に対策しておく必要があります。

具体的には、特別控除のある個人事業にしたり、あるいは税率が低い法人にしたりして節税対策をするのが一般的です。サーバー代やドメイン代などの領収書をちまちま集め、記帳ソフトなどを使って帳簿をつけ、経費を計上することで納める税金を少しでも軽減する方向へ持っていくわけです。

ただ、アフィリエイトに関する記帳処理や税金の計算、あるいは節税の方法や事業化の手順などはほとんどネット上には情報がないため、対応するのに非常に時間がかかるかと思います。

もっと情報を収集して税金に関するリテラシーを高めておけば、今年の税金はかなり低く抑えられたのに...というケースも多いですので、ある程度のアフィリエイト収入が発生した時点で、少額でも申告しておくことをおすすめします。

ただ、少額といいましても、誰にでも38万円分の基礎控除の部分がありますので、給与所得者の方でない限り、年間38万円以下の場合は免除されるわけですが、これ以上のアフィリエイト報酬がある場合には、確定申告をすることをおすすめします。